So-net無料ブログ作成

『浜村渚の計算ノート6さつめ パピルスよ、永遠に』 [☆☆]

・戦争で得た栄光というのは、戦争に勝ち続けなければ維持することはできません。

・数学記号は、約束を覚えればとても使い勝手がいい。

・僕はもう一度ペットボトルを見た。からっぽだ。しかし、人間の想像力はこのからっぽから永遠をつくることができるのだ。

・たとえ、自分のほうが正しいかもしれなくても、謝るんだ。向こうが間違えたという事実が正しいのかどうかはっきりしない。でも、友だちは大事にしたほうが絶対に正しいに決まっている。

・現代人は分数のために分数の計算をする。数学や演算に人間のほうが支配されている。「分数の割り算は割る分数の分母と分子をひっくり返してかければいい」なんて理由も説明せずにまる覚えを強いるのは、その最たるものだよ。

・私が一生懸命教えようとしているのに、聞く耳を持たないお前は何だ。勝手なことばかりして。ヌビアから連れてきたサルでさえ注意すれば聞き分けるのに、お前のような人間は見たことがない。

・面倒な証明を書かなければならないとしたら、まだ定義が本質をついていないはずだと考えるのです。

・みなさんも49番目のメルセンヌ素数を見つける幸運を狙ってみませんか? キーワード「GIMPS」でインターネット検索すると、プログラムの入手や素数探索への参加の仕方も(英語ですが)わかります。




浜村渚の計算ノート 6さつめ パピルスよ、永遠に (講談社文庫)

浜村渚の計算ノート 6さつめ パピルスよ、永遠に (講談社文庫)

  • 作者: 青柳 碧人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/08/12
  • メディア: 文庫



浜村渚の計算ノート 6さつめ パピルスよ、永遠に (講談社文庫)

浜村渚の計算ノート 6さつめ パピルスよ、永遠に (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/08/12
  • メディア: Kindle版



タグ:青柳碧人
nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

トラックバック 0