SSブログ

『無敵の独学術』

・僕は過去に「ウソをウソと見抜けない人は(2ちゃんねるを)使うべきではない」と言いましたが、それがネット全体どころか、従来のマスメディアにまで波及しているような気がしています。

・正解がある問題しか解けない人は弱いのです。

・世の中には「やる気」というものが存在すると思い込んでいる人が多いですが、本来人間が持っているのは、「今やっている行動をそのまま続けていたい」という意識です。

・やり続ける人は、今やっていることをやり続けるし、やらない人は、そもそも単にやらないという状態を続けているだけのことなのです。

・そもそもユーチューブという場所には、基本、面白いコンテンツなんてほとんどありません。誰もそこに面白さなんてものは求めておらず、ちょっとした時間つぶしができればいいと思って眺めているわけです。

・自分が二番煎じだろうと三番煎じだろうと、受け手にとって初めて見たものならば、それが一番目になります。

・「俺のまわりはバカばっかりだな」と思っている人がいるとしたら、おそらくそれは、あなた自身がバカである可能性が高いので気をつけましょう。

・バカは結論だけ知りたがる。

・成功者から学ぶべきは、結論ではなく思考のプロセスです。それなのに、アタマの悪い人は前提の情報をきちんと理解しないで、短絡的に結論だけを聞こうとします。

・リアルな社会では、「論理的であるかどうか」よりも、相手が納得できる理屈をもってこられるかどうかということがけっこう重視されます。

・ご本人のアタマがよくなくて、バカなことを考え、そのまま発言して失敗するのは全然いいと思いますが、そういった人のウソをメディアが垂れ流してしまうのはさすがに厳しい。

・努力を努力だと思っている時点で、好きでやってるヤツには勝てない。

・お金を稼ぐこと自体が目的だという人は、年収1億円を超えたらモチベーションを保てなくなると思います。1年で1億円なんてとても使いきれません。

・日本国内のことは日本で決めますが、世界で起きている物事は日本以外の国にいる人たちによって決まっていくことが大半です。みなさんが想像している以上に、日本という国が世界に及ぼす影響力というのは小さいのです。

・当たり前ですが「特定の悪い人が世界を悪くしている」などというのは、時代劇かゲームの世界での考え方で、現実の社会はそんなシンプルな構造では成り立っていません。でも、複雑な物事を複雑なまま理解することができないので、何でも簡略化してとらえようとしてしまう。



無敵の独学術

無敵の独学術

  • 作者: ひろゆき
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2021/07/02
  • メディア: Kindle版



無敵の独学術

無敵の独学術

  • 作者: ひろゆき
  • 出版社/メーカー: 宝島社
  • 発売日: 2021/07/02
  • メディア: 単行本



タグ:ひろゆき
nice!(0) 
共通テーマ:

nice! 0