So-net無料ブログ作成

『人生がときめくかたづけの魔法 2』 [☆☆]

・片づけは対モノで、掃除は対汚れ。片づけはモノを動かしたり収めたりして部屋をきれいにすることで、掃除は汚れを拭いたり、掃いたりして部屋をきれいにすること。

・ときめくというのは、「うっとりする」とか「かわいい」とか「ワクワクする」というわかりやすい魅力だけではありません。素朴なデザインに「安心する」とか、機能が豊富で「便利」とか、何となく「しっくりくる」とか、生活していくうえで「役に立ってくれている」というものも、「立派なときめき」なのです。

・家の中を美術館のような「ときめき空間」にする。

・飾りきれないポスターを収納スペースの中に貼るのは、「こんまり流」の大定番。押し入れの壁、クローゼットのドア、棚の背面、引き出しの底など、ありとあらゆる収納スペースの内側に、ときめき感を仕込める可能性が秘められています。

・一軍(毎日必ず使うもの)と二軍(バリエーションとしてそろえているもの)に分けています。一軍は「これだけあれば基本のメイクが完成するグッズ」をまとめてポーチに入れて、メイク直し用にそのまま持ち歩けるようにしている。

・料理長に片づけの極意をたずねてみると、「厨房の片づけといったら、水と油を片づけることだよ」のひと言。キッチンの使いやすさとは、収納法うんぬんよりも、掃除のしやすさだったのです。そのことに気づいてからは、取り出しやすさはいったん無視して、洗剤も調味料もできる限り収納の中にすべてを収めることに全力を注ぐようになりました。

・生ゴミをどう処理しているかというと、冷凍庫に入れて凍らせているのです。「生ゴミを食品と一緒に冷凍庫に入れる」と聞くと抵抗があるかもしれませんが、腐る前に凍らせるので、食品の一部に変わりありません。

・「捨てるモノ」ではなく、「残すモノ」を選ぶこと。「これはイマイチ」というモノを削除する方式では、永遠に片づけは終わらないのです。



人生がときめく片づけの魔法2 改訂版

人生がときめく片づけの魔法2 改訂版

  • 作者: 近藤麻理恵
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2019/02/14
  • メディア: 単行本



人生がときめく片づけの魔法2 改訂版 人生がときめく片づけの魔法 改訂版

人生がときめく片づけの魔法2 改訂版 人生がときめく片づけの魔法 改訂版

  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2019/02/14
  • メディア: Kindle版



タグ:近藤麻理恵
nice!(0) 
共通テーマ:

『確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力』 [☆☆]

・物理的に目に見えているものはほぼ全て「現象」に過ぎず、その現象を作り上げている物事の「本質」ではありません。

・資本主義とは「人間の欲望」をドライバーにして形作られている社会のことではないのかと。人間の「欲」をエネルギーとして使い、人間同士を競争させることで様々な発展と成長を生み出していく。

・ビジネスにおいては「同じ川を二度と渡ることはない」と言われます。たとえ同じ川の同じ場所を同じ時間帯に渡ったように思っていても、水量や水流や水温などが必ず違う訳で、文脈が同一条件になることは厳密にはあり得ません。

・実は他のアジア人と一緒にされたくないというインサイトがあった多くの日本女性の中では、「アジエンス」よりも「TSUBAKI」へのプレファレンスが高く、当時のNo.1ブランドだったラックスのような西洋っぽいブランドからも見事に「M」を獲得しました。

・「値下げは消費者にとって嬉しい!」というのは消費者の発言としては当然でしょうが、経済に少なからず責任のあるビジネスマンやメディアで発言する識者の視点としては間違っているのではないでしょうか?

・日本のテーマパーク業界のガリバーである東京ディズニーリゾートが長年にわたって低い価格設定で業界の天井を極端に低く抑え込んできたからです。

・東京ディズニーリゾートやUSJが建ってから、その低いチケット価格に圧迫された影響で、多くの遊園地が日本から姿を消しました。

・真実は、日本国民の購買力に比べて日本のテーマパークは安すぎるから、こんなに混雑しているのです。

・登りたい壁があるならば、まず足場を作る技術が必要なのです。高い壁があった時に一気に壁を飛び越えることしか考えられない人は、無理だと思って諦めます。そのような人は、階段(=戦略)を作る方法を知らないだけです。

・回帰分析とは、ある変数Yに対して、独立した変数であるAやBやCが、どの程度Yの変動に影響を与えるのかを分析するのに使います。

・出世するという目的のためにそうした方が良いのであれば、「恥ずかしい」とか「自分のプライド」とか「周囲がどう見るか」などの感情的な葛藤は、邪魔にしかならないのです。

・多くの人は、感情が意志決定に入り込みますし、自己保存を最優先にして現状維持を好みます。つまり「痛がり屋さん」です。自分自身の感情が痛む「タフコール」はしたくないのです。

・ようするに、人間はデフォルトに従う傾向が強いということ。自分でデフォルトから離れることを避ける、つまり面倒なことや負荷のかかることが嫌なのです。できるだけ意志決定などしたくなくて、独自の判断などしたくないということです。

・真実は「会社のために正しい意志決定をすること」よりも「自分が直面しているストレスから逃れること」を優先している。自己保存に基づいた行動です。

・発想の視野がルールを変えるところまで及ぶ、西洋人の方が日本人よりも圧倒的に強い。

・戦略家は、1)自分自身の時間をどこに集中して使えば戦果が最大化するか、2)自分以外の人々をどこにどう集中させて使えば戦果が最大化するか、この2つを冷静に考えるのです。

・脳がない動物はたくさんいるが、身体のない脳はない。脳は身体感覚を運動に変えるコンバーターとして発達してきた。

・我々の行動はほとんど感覚に対する反射であり、もっともらしい理由は後付けである。

・「文化が先行し、産業はあとからついてくる」も世の中の法則です。憧れの文化がまずあり、それを人々が欲しがるのです。

・役人の組織は実際に必要な仕事の量に関係なく肥大化する傾向がある。その増加率はパーキンソンの法則に従い、仕事量に関係なく5.17%から6.56%の間であることが証明されています。

・そもそも人類と他の動物の最大の違いは「学習能力」なのです。経験からどれだけ多くの学びを抽出して、その後の判断や行動指針に活用できるか。

・人に使われるということに精神的な抵抗がある人も少なからずいると思いますが、人に使ってもらえるということは素晴らしいことです。

・自分の能力を発揮するためには、自分を上手に使ってくれる人は得難い存在です。

・我々のできることは、日々目的に対して確率が上がる選択をすることだけです。その結果として長期的な平均確率(ポワソン分布のμ)が変わるのです。

・物事の多くは「現象」なので、考えない限り本質はなかなか見えるものではありません。本質を見極める方法は、極端な状況を思い浮かべること、あるいは自分と関係のない状況に置き換えてみること。不思議と本質が見えてきます。

・「世界はみんな腹黒い」と覚悟しておくべきです。



確率思考の戦略論  USJでも実証された数学マーケティングの力

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

  • 作者: 森岡 毅
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/06/02
  • メディア: 単行本



確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 (角川書店単行本)

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力 (角川書店単行本)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2016/06/02
  • メディア: Kindle版



タグ:森岡毅
nice!(0) 
共通テーマ:

『データ資本主義』 [☆☆]

・21世紀初頭は75億人を超える人々の衣・食・住、教育、雇用を支える必要があるだけに、需要な資源はとてつもなく制約される。天然資源だけでなく、貨幣や時間も同じだ。コミュニケーションを向上させて、これまで以上に効率よく調整していかなければならない。

・米国では、買ってから欠陥が現れる質の悪いクルマを俗語で「レモン」と呼ぶ(良質なクルマは「ピーチ」と呼ぶ)が、結果的にレモンばかりが出回る中古車市場の状況を「レモン問題」という。

・貨幣を使ってモノの価値を表示すれば、その価値を過去に遡って調べることもできる。

・単に人数を増やせばいいというものではない。真実にたどり着く可能性が50%以上ある人物ならば、追加する意味があるのだ。

・ポーカーは美しいゲームだ。とりわけ、心理学、確率、ゲーム理論が複雑に絡まり合うところに醍醐味がある。優秀なポーカープレイヤーは、例外なくすぐれた記憶力、計算力、合理的指向の基盤がある。

・我々は伝達や処理が必要な情報の量を減らして、貨幣と価格に依存している。

・すっかり価格に慣れきってしまい、他が目に入らなくなっている我々にとって、多種多様な尺度に基づいて製品を比較し、自分にマッチする選択肢を特定するには、どうすればいいのか。

・溶接機を使うときに目の保護シールドを下ろさなければ安全が確保できないのなら、最初から溶接機にセンサーを取り付け、シールドが下りていることが確認できなければ溶接機が作動しない仕組みにしておくべきだ。

・人間は、現状維持に比べて現状変更のメリットを軽視し、未知のものより慣れ親しんだものを好む傾向がある。

・心理学の多くの実験では、被験者に二者択一の選択肢を提示している。だが、人生は白か黒かで片付けられるほど単純ではない。

・デジタル・ツールは、我々の行動をスピードアップするために使われているが、同時に、調整という社会的な仕組みを再編する可能性も秘めている。

・20世紀から使い続けている高コストの情報インフラを抱える銀行は、ペイパルやアップル・ペイなどのデジタル系のライバルとはまともに戦えない状況だ。

・フィンテック系のベンチャー企業が重点を置いているのは、格安手数料ではなく、革新的な付加サービスだ。

・コスト削減は短期的には業界にプラスに働くとしても、長期的には、沈みゆくタイタニック号で少しでもバランスを取ろうと甲板のデッキチェアの配置をああでもないこうでもないと変えている程度のものだろう。

・データには、交換手段として重大な欠点がある。データはそれ自体に価値があるため、紙幣よりもむしろ塩や金貨に近い。

・イノベーションとは画期的なアイデアではなく、いかに多くのフィードバック・データを集められるかにかかっていると言える。

・人々は依然として市場の様子をうかがってから判断を下す傾向があるが、誰もが同じシステムから助言を受けていることになれば、社会全体が同じ道を通って同じゴールに向かって進んで行きかねない。

・現実的には、自動運転システム導入の呼び水となっているのは、低燃費、高額な設備の利用率向上、人件費の削減といった経済効率だ。

・衣料品ショッピングの悩みは、自分の好みにぴったりの商品が存在しないことではない。ほとんどの人々にとっては、自分に似合う服を手間をかけずにさっと見つける手立てがないことなのだ。エコノミスト風に言うなら、アパレル業界はアイテム数を増やしてきたが、見つけやすさを高めてこなかったことになる。

・そもそも、意志決定で我々は何をめざしているのだろうか。正しい答えが欲しいのか、それとも判断後の幸福感が大事なのか。

・現実の細かい枝葉を削ぎ落せばすっきりするという発想は、過去の遺物となった。知識が少なく、情報が豊かでないときには、そういう発想でも役に立った。

・地球が平らだと決めつけるのはまさに単純化の典型である。実際、その見方で何世紀もの間、不都合なくやってこられた。我々の進歩があってようやくこの単純化に終止符を打ち、世界は平らな平原ではなく球体であるという、もう少し複雑な考え方を採用するに至る。その複雑さが人間を進歩させる一助となった。



データ資本主義 (ビッグデータがもたらす新しい経済)

データ資本主義 (ビッグデータがもたらす新しい経済)

  • 作者: ビクター・マイヤー=ショーンベルガー
  • 出版社/メーカー: NTT出版
  • 発売日: 2019/03/25
  • メディア: 単行本



nice!(0) 
共通テーマ: