SSブログ

『不条理を生きるチカラ コロナ禍が気づかせた幻想の社会』 [☆☆]

・翼賛とはもともと「天子(天皇)の政治を補佐する」という意味です。これは強制ではないという建前で、人々は自発的に最高権力者を支持し、行動することが期待されていました。その一方、期待に応えない者は「非国民」として社会から排除されました。

・往々にして田舎の秀才って怖いですからね。田舎の秀才というのは、自分が宇宙で一番頭がいいと思っている。

・イギリス人はものすごく集中力があるんだけれど、その集中力が水曜日あたりになると切れちゃう。だから水曜日の午後、学校は休みだった。商店も水曜日の午後は休んでいる店が多かった。それでまた木曜、金曜と勉強して、土日の二日間はゆっくり休む。

・合理的だけど知的でない議論というのは、世の中にいくらでもある。人が病気になるのは悪魔の呪いのせいだとする。私の娘が風邪をひいたんだが、どの悪魔が呪いをかけたのか。この思考は、完全に合理的なわけです。しかし、非学術的なんです。

・私が理解するところの他者はヴィトゲンシュタインの議論を使って、言語ゲームが成立しない人です。

・借金でやったらいけないのが博打の大原則。

・死者の名で語る権利というのは生きている人間にはない。

・基本的に大人は子供におもねったらダメということです。

・沖縄がかわいそうなんて言う日本人は要らないんです。そういう人が増えてもしょうがない。なぜならそれは、沖縄人にとって侮辱的だからです。

・インスタグラムのような一枚の写真の方がインパクトを持ちつつあります。もうこの先はツイッターさえ長すぎてしまい、人は絵文字や記号で会話するんじゃないかと……これじゃ古代に帰るようですが。

・その場でそのときしか見られない一回性のイベントみたいなライブには人が来る。だから音源は無料で配信して、ライブに人を呼んでそこでしか買えないグッズを売る。それが今のビジネスモデルになっている。

・まさにその「居場所も出番もない」人たちなんです。

・今ゲームの中の「居場所と出番」を与えているのは右派の人たちです。ゲームの中の正義があります。敵を倒せば、そのゲームの中に平和がもたらされる。今はたとえば、朝日新聞を倒せば日本に平和が来るとか。

・客観的データに基づいて自分の頭で考えることができることが、公共圏で政治について発言するための入場券です。入場券がないのに入ってきてはいけません。

・重要なのは、国家に頼らないという点です。国が何とかすべきだとか言ってもはじまらない。

・世の中にはある種のタブーがないといけない。タブーは必ず「耐エントロピー構造」を持つから、フラット化を目指す新自由主義とぶつかるし、ポストモダンともぶつかるんです。それでタブーのあるよい世界になっていく。

・昔、全共闘がよく「専門バカ」と先生たちを批判しましたが、専門性がなければただのバカです。そんな学者は相手にされません。

・「ミネルヴァの梟」というのは哲学とか知恵という意味で、一つの時代の哲学というのは、日が暮れてみないとわからないということです。時代の転換期にならないと、その時代精神は読めない。読めるというのは、その時代が終わることを意味する。



不条理を生きるチカラ

不条理を生きるチカラ

  • 出版社/メーカー: ビジネス社
  • 発売日: 2020/06/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0) 
共通テーマ:

『アドラー式 老いた親とのつきあい方』 [☆☆]

・他者の課題に介入したくなる方には共通点があります。他者を「信頼」するよりも「心配」する方が優先してしまっているのです。

・老いていく親のために、子供であるあなたは何ができるでしょうか。その答えは、いたってシンプルです。老いていく親が幸せな気持ちでこの世を終えるための手伝いをすること。

・無限で抽象的な不安から、有限で具体的な課題に。

・どんな親でも、生まれてきた子供の存在そのもの(ビーイング)を、本能として心から愛おしく思うものです。一方で、子供が成長していくにつれ、ご飯をこぼしただの、勉強が人よりもできないだのと子供のやること(ドゥーイング)にばかり目がいくようになるのも、親というものかもしれません。

・反抗するのも、悪態をつくのも、そんな悪い子でも無条件で受け止めてくれるよね、と親の愛を確認したかったからゆえの行動です。

・つらい過去の原因をいくら探っても、せいぜい現状の解説にはなるでしょうが、勇気がくじかれるだけで、何の解決にもなりません。

・人が幸せになるために必要なのは、お金でも才能でも恵まれた環境でもなく、変わるための勇気です。

・人間のすべての行動には相手役が存在する。

・母親の究極の目的は、「子供が幸せになること」です。だから、あれこれ口を出したくなってしまうのです。

・アドラーは、自身の理論体系を構築するスタート地点に、「人はどうやったら仲良くできるのか?」という問いを立てました。第一次世界大戦に軍医として参戦したアドラーは、人と人が争う競争の世界ではなく、人と人が協力し合う、協調の世界を目指したのです。

・感情が無意識のうちに先走っているのではありません。人間はだれしも、自分の心の中にある「落胆、心配、不安、寂しさ」などの一時感情を相手に伝えるために「怒り」という二次感情を使ってアピールする心の癖を持っています。

・勇気がある人は、自然体でくつろいでいる。「他者は仲間であり、課題を解決できる」と信じているから、困難な中でもリラックスできるのだ。

・「勇気」とは、困難を克服する活力のことだ。勇気のない人が困難に出合うと、人生のダークサイドへと落ちていってしまうだろう。

・人は「貢献感」を感じ「自分に価値がある」と思える時だけ勇気を持つことができる。

・介護はあなたに与えられた「親に貢献できる絶好のチャンス」ととらえてみてはどうでしょう。

・相手がいつでも「ありがとう」と言ってくれる保証などありません。見返りなどなくても、自分が誰かのためになっている、親のために役立っていると自己満足を感じることができたら、人は幸せになることができます。

・仮に、誰からも感謝されず、認められなくても、自己満足が結果的に他者貢献につながっていれば、それでいいのです。



アドラー式 老いた親とのつきあい方

アドラー式 老いた親とのつきあい方

  • 作者: 熊野 英一
  • 出版社/メーカー: 海竜社
  • 発売日: 2020/07/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



タグ:熊野英一
nice!(0) 
共通テーマ:

『Lily -日々のカケラ-』 [☆☆]

・淀まず止まらず。これはわたしの座右の銘です。

・常に猫たち、犬たちがいたので、よく考えたらわたしは本当の一人暮らしをしたことがないのだなと思います。

・期限付きにすることで、達成したときの気持ちを味わいたかったのです。

・わたしは、自分で決めて頑張る、ということの素晴らしさを知ったのです……。

・「好き」という気持ちは理屈ではなくて衝動的なものだから、買い物って衝動買いが一番幸せなんじゃないかなあ。肝心なのはその衝動が研ぎ澄まされているかどうか、でしょうか。

・ヒールの靴はあまり履かないけれど、それを履いて走れるか、というのは大きなポイントです。

・ベストを尽くして天命を待つ。その境地に知ると、まわりのことがよく見えてくる。

・自分の中にいる、子供の自分と対話しながら生きている。だから、寂しくはないんです。

・自分はなぜこう思うのだろう? なぜ、こういうことが起きるのだろうと言葉に記しながら自問し、自分なりに解いていった感じです。

・「責任のないところに自由はない」という言葉がすごく好きなんです。自分で責任を背負うからこそ、選択肢を得られる。言い訳できないからこそ、楽しめる。



Lily ――日々のカケラ――

Lily ――日々のカケラ――

  • 作者: 石田ゆり子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/01/30
  • メディア: 単行本



タグ:石田ゆり子
nice!(0) 
共通テーマ: